デスマシーン

(映画)
ですましーん

Death Machine

  • 1994年|イギリス|カラー|99分、120分(アメリカ公開版)、111分(ディレクターズ・カット版)、128分(ファイナル・カット版)|画面比:2.35:1|MPAA: R*1|日本劇場未公開

概要

舞台は近未来のロサンジェルス。兵器会社チャンクの最新計画ハードマンは、兵士の記憶や感情を消して究極の兵士を作り出すという違法なものだった。失敗続きの計画への社内での圧力が高まる中、謎のプロジェクト・リーダーのジャック・ダンテは、極秘裏に開発していた殺人ロボット、デスマシーンで社内の人間を次々襲い始める。新任社長らは協力しながらデスマシーンと対決する事になる。
視覚効果マン、スティーヴン・ノリントンの処女監督作品。役名のジャック・ダンテ(ジョー・ダンテから)、サム・ライミ、スコット・リドリー(リドリー・スコットから)、ジョン・カーペンター、ユタニ、ウェイランド(共に『エイリアン』シリーズに登場するウェイランド湯谷社から)等、SFホラー系映画の監督や作品へのオマージュが散見される。

予告編

*1:Rated R for sci-fi terror and violence, language and brief sexuality.

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ