ナードコア

(音楽)
なーどこあ

90年代後半にはじまったロッテルダムテクノやガバ、そのほかハードコアテクノの大胆な(というよりアホな)サンプリングスタイルをオタク的方面からアプローチした楽曲、及びムーブメントの総称、場合によっては蔑称。
アニメやアイドル、場合によっては演歌、教育番組、カンフー映画やヤクザ映画など主に日本のオタクを笑わせるベクトルが強いサンプルの使用が特徴。
単語hardcoreをもじってnerdcore(nerd=オタク)となる。
高速音楽隊シャープネル(SHARPNEL)、レオパルドンカラテクノ等が代表的アーティスト(だった)。
代表レーベルにSHARPNEL SOUNDS、八卦商会など。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ