ニコ・ロズベルグ

(スポーツ)
にころずべるぐ

1985年6月27日生まれ。

F1ドライバー。

国籍はドイツ*1

元ワールドチャンピオンで「フライング・フィン*2」と呼ばれたケケ・ロズベルグの息子。

2005年には、ウィリアムズのテストドライバーとして活動し、GP2シリーズのチャンピオンも獲得した。
2006年にウィリアムズからデビュー。初戦のマレーシアGPでファストラップを記録*3し、大型新人として更なる活躍を期待されていた。

2010年から、メルセデスGP・ペトロナス・フォーミュラワン・チームに移籍。2012年の中国GPでF1初優勝を飾る。
2016年、同僚ルイス・ハミルトンと激しいチャンピオン争いを繰り広げ、最終戦アブダビGPまでもつれこんだ末にワールドチャンピオンを獲得。しかし、そのアブダビGP終了から5日後の12月2日、F1引退を表明した。

* リスト::F1
* リスト::カーレーサー

*1:母親がドイツ人の為

*2:フィンランド人の一流プレイヤーに冠せられる愛称。父ケケの国籍はフィンランドである。

*3:デビュー戦でファステストラップを記録したのはジャック・ヴィルヌーヴ(当時ウィリアムズ)以来2人目。また、史上最年少でファステストラップを記録した(20歳258日)。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ