フィービー・ケイツ

フィービー・ケイツ

(映画)
ふぃーびーけいつ

Phoebe Cates、映画女優、(1963-)
1963年7月16日、アメリカ/ニューヨーク州ニューヨーク生まれ

80年代初頭にアイドル的人気を博したアメリカの女優。

本名はPhoebe Belle Katz。幼少時からジュリアードでバレリーナを目指すも、足の怪我で断念する。14歳のときにモデルとしてスカウトされ、1982年にヌードを披露した(一部ボディダブルあり)『パラダイス』で映画デビュー。その後も『初体験 リッジモント・ハイ』、『プライベイトスクール』とお色気路線を進み、ブルネットの髪、あどけなさの残る顔とボリュームのある身体、脱ぎっぷりの良さで、日本では『スクリーン』や『ロードショー』といったティーン向け映画雑誌で人気を博す。実際、本国よりも日本での人気の方が遥かに高かったようだ。

1983年の『再会の時』オーディションでケビン・クラインと知り合い、結婚。以降は育児に専念しているらしく、映画界からは遠ざかってしまった。

新着ブログ: フィービー・ケイツ