フランス第二帝政

(社会)
ふらんすだいにていせい

(フランス語: Second Empire Français)
1852年から1870年まで存在した君主政体。
ナポレオン・ボナパルトの甥であるルイ=ナポレオンナポレオン3世)が1851年12月2日にクーデターによって議会を解散し、新たな憲法を制定した上で国民投票によってフランス皇帝に即位した。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ