ブラジリアン柔術

ブラジリアン柔術

(スポーツ)
ぶらじりあんじゅうじゅつ

武術、格闘技。ただ単に「柔術」とも言う。

日本古来の柔術を後にコンデ・コマとして伝説となる講道館柔道7段の柔道家、前田光世がブラジルで広めた柔道(現地では柔術と呼ばれる)

前田光世はカーロス・グレイシーとエリオグレイシーに柔道(柔術)を伝授。


前田光世の亡き後、エリオは柔道に関節技を取り入れた柔術を発案。

日本の古武道の柔術は護身術だが、ブラジリアン柔術はブラジルの治安の悪いストリートでも生き残れるように生み出された喧嘩術である。

その後、多くの選手によって技術が発展する。


日本でも競技人口が爆発的に増える。


総合格闘技で活躍する選手の殆どがブラジリアン柔術をベースにしている。


大晦日に曙と戦ったホイス・グレイシーやその兄の400戦無敗の男ヒクソン・グレイシー、最近ではPRIDEのアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラが有名。

世界最強の男、エミリヤエンコヒョードルを倒したファブリシオ・ヴェウドゥムもブラジリアン柔術の達人である。

ネットの話題: ブラジリアン柔術

人気

新着

新着ブログ: ブラジリアン柔術