マイケル・パウエル

(映画)
まいけるぱうえる

Michael Powell

英国の映画監督・製作者。
 1905年9月30日生まれ。本名Michael Latham Powell。
 1990年2月19日没。
 エメリック・プレスバーガーとの共同監督で知られる。

主な単独監督作:
血を吸うカメラ(1960)
としごろ(1969)

パウエル&プレスバーガー監督作:
スパイ(1939) - 監督パウエル、脚本プレスバーガー。
Contraband(1940) - 監督・脚本パウエル、原作・脚本プレスバーガー。
潜水艦轟沈す(1941) - 製作・監督パウエル、脚本プレスバーガー。
わが一機未帰還(1942)
老兵は死なず(1943)
The Volunteer(1944)
A Canterbury Tale(1944)
うずまき(1945)
天国への階段(1946)
黒水仙(1947)
赤い靴(1948)
The Small Back Room(1949)
快傑紅はこべ(1950)
女狐(1950)
ホフマン物語(1951)
美わしのロザリンダ(1955)
戦艦シュペー号の最後(1956)
将軍月光に消ゆ(1957)
They're a Weird Mob(1966) - 製作・監督パウエル、脚本プレスバーガー(Richard Imrie名義)。
The Boy Who Turned Yellow(1972) - 監督パウエル、製作・脚本プレスバーガー

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ