マンホールチルドレン

マンホールチルドレン

(一般)
まんほーるちるどれん

manhole children
モンゴルは冷戦終結後、社会主義から自由主義経済となり貧富の差が拡大、捨てられた子供達がマンホールで暮らすようになったことから言われるようになった。

冷戦が終わると、モンゴルでは社会主義体制から資本主義に移行し自由主義経済となった事で貧富の差が激しくなった。
そこで貧困からまともに生活できなくなり、自分の子をマンホールに捨てる大人達が出てきた。
マンホールに捨てられ、生活している子供達はモンゴルのウランバードルで数千人とも数万人とも言われていましたが、モンゴル政府の公式発表によると、2001年までに200まで減少したそうです。

ここで生活せざるを得なくなった理由は、貧困だけではなく家庭内暴力など様々で、ストリートチルドレンとなり、モンゴルの冬はマイナス40度にもなるため、暖かい温水管の通るマンホールの中でホームレス化した子供達が暮らす状況が生まれた。
これが国際社会の知るところとなって海外からの支援を得て現在(2008年現在)ではマンホールチルドレンは減少している。

ネットの話題: マンホールチルドレン

人気

新着

新着ブログ: マンホールチルドレン