メークドラマ

メークドラマ

(スポーツ)
めーくどらま

1996年、当時プロ野球読売ジャイアンツの監督だった長嶋茂雄の造語。
この年、セ・リーグで巨人が首位広島東洋カープに最大11.5ゲーム差をつけられての最下位からの奇跡的な逆転優勝を飾った現象を指して使われた言葉。
日本シリーズでは、仰木彬監督が2年連続でパ・リーグ制覇に導いたオリックス・ブルーウェーブ(現オリックス・バファローズ)に惜敗したが、この語が持つ熱気とドラマ性が評価され、年末の流行語大賞で入選した。

ネットの話題: メークドラマ

人気

新着

新着ブログ: メークドラマ