ヤマハスタジアム

(スポーツ)
やまはすたじあむ

静岡県磐田市にある、ヤマハ発動機(株)が所有するサッカー・ラグビー専用スタジアム。
Jリーグのジュビロ磐田のホームスタジアム。
サッカー・ラグビー専用スタジアムのため、ピッチとスタンドの距離が近いことが最大の特徴であり魅力である。
静岡ダービーなど多数の観客が見込まれる試合では、エコパスタジアムが使用される。


2003年からは、ジャパンラグビートップリーグに参戦したヤマハ発動機ラグビー部(ヤマハ発動機ジュビロ)も同スタジアムをホームとして使用するようになり、名称が「ジュビロ磐田スタジアム」から「ヤマハスタジアム*1」に変更された。都市名を併記して「ヤマハスタジアム(磐田)」と表記するメディアも多い。「ヤマスタ」と略して呼ぶ人もいる。


2012年シーズン終了後、大規模な改修工事を実施予定。

歴史

  • 1978年 ヤマハ発動機サッカー部のホームグラウンドとして完成。
  • 1994年 ジュビロ磐田のJリーグ参加に伴って改築し「ジュビロ磐田スタジアム」となる。
  • 1995年 ホーム側ゴール裏に2階席を設置。
  • 2002年7月 ネスレビジョン稼働開始。
  • 2003年7月 ラグビーの試合ができるように改修し「ヤマハスタジアム」と改称する。

概要

収容能力
16,879名
芝面
111m×74.5m
主な設備
378型オーロラビジョン(旧名ネスレビジョン)、照明4基、VIPルーム(137人収容)

*1:なお、この名称は前述のとおりヤマハ発動機が所有するためで、命名権をもっているわけではない。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ