三上於菟吉

(読書)
みかみおときち

(1891-1944) 小説家。埼玉県生まれ。早大中退。現代物「白鬼」で脚光を浴び、特に髷物(まげもの)に新境地を開いた。代表作「日輪」「雪之丞変化

三省堂提供「大辞林 第二版」より

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ