三浦清宏

三浦清宏

(読書)
みうらきよひろ

1930年9月10日 - )は、日本の小説家、心霊研究者、元明治大学理工学部教授。北海道室蘭市出身。
東京大学文学部英文学科を中退しアメリカ・サンノゼ州立大学卒業後、アイオワ大学ポエトリー・ワークショップ修了。アイオワ時代に、米国留学中の小島信夫と知り合い、帰国して半年間、同居したこともある。
1970年、『群像』に小説「立て、座れ、めしを食え、寝ろ」を発表。
1975年、「赤い帆」で第72回芥川賞候補。
1988年、「長男の出家」で第98回芥川受賞。
2006年、「海洞」で第24回日本文芸大賞受賞。

新着ブログ: 三浦清宏