三重水素

三重水素

(サイエンス)
さんじゅうすいそ

[英] tritium
三重水素は、トリチウムとも呼ばれ、中性子2個,陽子1個からなる原子核(トリトンまたは三重陽子)をもつ、質量数3の水素の放射性同位体。化学記号は³HまたはT。
最大エネルギー18keVのβ線を放出し、半減期12.36年でヘリウム3(³He)に変換する。
原子炉中でリチウム6(⁶Li)に中性子を照射すると得られる、人工放射性元素であるが、天然にもきわめて微量に存在する。
自然界では、宇宙線の陽子、中性子が大気中の窒素、酸素と相互作用して生成され、その生成率は、地表単位面積当り、単位時間当りの原子数で0.2〜0.24/cm²・s、生成量は全地球上で28-34MCiと試算されている。
リスト::化学物質

新着ブログ: 三重水素