上九一色村

上九一色村

(地理)
かみくいしきむら

旧村名。山梨県西八代郡上九一色村。
富士山の裾野ののどかな地域だが、オウム真理教の施設「サティアン」があったため、全国的に有名となった。「サティアン」跡は今では更地となっている。
平成の大合併では2006年3月1日に全国初の分村合併で、南北に分かれて編入された。北部の高齢者を中心に村名存続を求める声があり、法定合併協議会で「甲府市」の下に大字として「上九一色町」を残す案も示されたが、甲府市の現行の表示方法と合わず断念したため、オウムで一躍有名になった「上九一色村」は消滅することが決定した。

  • 北部(古関・梯地区)→中道町・芦川村とともに甲府市に編入
  • 南部(精進・本栖・富士ヶ嶺地区)→富士河口湖町(旧:河口湖町・勝山村・足和田村)に編入

かつてサティアンなどがあったオウムの教団施設跡地は現在は富士河口湖町の区域になっている。

ネットの話題: 上九一色村

人気

新着

新着ブログ: 上九一色村