両儀

両儀

(一般)
りょうぎ

易経や陰陽思想の用語の一つ。旧字体では兩儀。
無極太極を生ず、太極が陰陽に分かれて両儀を生ず、両儀が老陽・少陽・少陰・老陰に分かれて四象を生ず、四象が乾・兌・艮・離・坎・坤・震・巽に分かれて八卦を生ず。

両儀

(読書)
りょうぎ

空の境界、月姫に共通するキーワードの一つ。
浅神巫淨七夜と並ぶ特殊な能力を持つ人間の血筋の一つ。
代々いわゆる「二重人格者」が生まれ易い。と言うよりそのように交配を続けてきた一族。
現在は両儀式の父が当主で、兄をさしおいて両儀式が次期当主と定められている。

新着ブログ: 両儀