二俣線

(地理)
ふたまたせん

日本国有鉄道二俣線。現在の天竜浜名湖鉄道。

戦時中に東海道線・天竜川鉄橋が破壊されたときの迂回線路として
掛川-新所原間の路線が全線完成した(昭和15年)。
戦後も路線は残ったが、
赤字ローカル線として昭和62年に第三セクターに移行した。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ