出雲風土記

(一般)
いずもふどき

一般的には古来の島根県があった風土の伝承のことであり、八束水臣津尊が提唱した「八雲立つ」に同記述がなされている事でも有名。また日本の五つの現存する風土記で唯一完全版として残っている。

特に有名なのは須佐之男命(スサノオノミコト)が八俣遠呂智(ヤマタノオロチ)を退治した神話である。
またこれを基にした物語や作品、研究論文が多数存在する。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ