加藤幹郎

加藤幹郎

(映画)
かとうみきろう

1957年長崎市生まれ。映画批評家。映画学者。京都大学人間環境学研究科助教授。京都大学博士。

主な著書

  • 『「ブレードランナー」論序説―映画学特別講義』
  • 『映画―視線のポリティクス』(以上、筑摩書房)
  • 『映画とは何か』(吉田秀和賞)
  • 『鏡の迷路―映画分類学序説』(以上、みすず書房)
  • 『映画の領分―映像と音響のポイエーシス』
  • 『映画のメロドラマ的想像力』(以上、フィルムアート社)
  • 『映画ジャンル論』(平凡社)
  • 『映画館の文化史』(中公新書)

ほか。

共訳書

  • 『わたしは邪魔された―ニコラス・レイ講義録』(みすず書房)
  • 『知りすぎた女たち ヒッチコック映画とフェミニズム』(青土社)

ほか。

ネットの話題: 加藤幹郎

人気

新着

新着ブログ: 加藤幹郎