十河一存

(一般)
そごうかずなが

三好元長の四男、十河景滋の養子となる。
実子義継は兄三好長慶の養子となり、兄義賢より存保を養子とする。
永禄3年(1560年)河内守護の畠山高政と戦い、河内を支配下におく。
翌年亡くなるが、死因は落馬が元とも、松永久秀に毒殺されたとも言われる。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ