Hatena Blog Tags

南斗五車星

(マンガ)
なんとごしゃせい

漫画「北斗の拳」に登場する5人の拳士。
雲のジュウザ、風のヒューイ、炎のシュレン、山のフドウ、海のリハク。
南斗聖拳最後の将、ユリアを守護するため、ケンシロウとともにラオウと闘った。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ

乙女座バルゴのシャカ 「聖闘士星矢」の聖闘士の中でも最強クラスに描かれているバルゴのシャカです 黄金聖闘士まとめて3人(サガ・シュラ・ミロ)相手に互角に戦える実力者 「男なのに乙女座」 という全国乙女座男子の憂いを救ったキャラクター 実力者にありがちなちょっとイヤミな性格の人と最初は描かれますが、後の方では人格者みたいな描かれ方に変わります 牡牛座なら力持ち 双子座なら二重人格、双子 獅子座なら熱血 「聖闘士星矢」では、星座のイメージ通りのキャラクターが登場しますが、乙女座などはどう考えてもイメー

乙女座バルゴのシャカ 「聖闘士星矢」の聖闘士の中でも最強クラスに描かれているバルゴのシャカです黄金聖闘士まとめて3人(サガ・シュラ・ミロ)相手に互角に戦える実力者「男なのに乙女座」という全国乙女座男子の憂いを救ったキャラクター 実力者にありがちなちょっとイヤミな性格の人と最初は描かれますが、後の方では人格者みたいな描かれ方に変わります 牡牛座なら力持ち双子座なら二重人格、双子獅子座なら熱血 「聖闘士星矢」では、星座のイメージ通りのキャラクターが登場しますが、乙女座などはどう考えてもイメージは「女の子」ですので、そこは「女の子」のイメージから離れて、「仏陀の生まれ変わり」という、ギリシャ神話に仏…

南斗五車星 海のリハク 海の「リハク」とか南斗鳳凰拳先代伝承者「オウガイ」といった古今東西の文豪の名前が「北斗の拳」には時々登場します 海のリハクは軍師で 拳法家ではありません テレビアニメでは海のリハクも拳法を使う描写がありましたが ラオウにはかないませんでした 五車星の他の4人(ヒューイ・シュレン・ジュウザ・フドウ)に比べるともうおじいさんです トウという娘がいて トウはラオウの事が好きだったのですが その想いはかないませんでした 五車星の中で唯一生き残るのがリハクです ラオウ亡き後の元斗皇拳編で

南斗五車星 海のリハク 海の「リハク」とか南斗鳳凰拳先代伝承者「オウガイ」といった古今東西の文豪の名前が「北斗の拳」には時々登場します海のリハクは軍師で拳法家ではありませんテレビアニメでは海のリハクも拳法を使う描写がありましたがラオウにはかないませんでした五車星の他の4人(ヒューイ・シュレン・ジュウザ・フドウ)に比べるともうおじいさんですトウという娘がいてトウはラオウの事が好きだったのですがその想いはかないませんでした 五車星の中で唯一生き残るのがリハクですラオウ亡き後の元斗皇拳編では天帝へのレジスタン軍のリーダーであるバットやリンへのアドバイザー的な立場になっていますその時にはさらにおじいさ…

南斗五車星 雲のジュウザ きちんと習った拳ではなく 天賦の才能による我流拳法の使い手です ラオウよりも強いのかと思わせるような描かれ方もされていましたが やはりラオウに勝つ事はかないませんでした 五車星の内、 風のヒューイは「風の旅団」 炎のシュレンは「朱の軍団」 山のフドウは「若草色の軍団」 海のリハクは「海の兵団」 をそれぞれ率いているのですが、ジュウザについては手持ちの兵は無いようです 「北斗の拳」完結後 だいぶ経ってから実はジュウザに息子が居た事が描かれました 名をショウザといいます このエ

南斗五車星 雲のジュウザ きちんと習った拳ではなく天賦の才能による我流拳法の使い手ですラオウよりも強いのかと思わせるような描かれ方もされていましたがやはりラオウに勝つ事はかないませんでした五車星の内、 風のヒューイは「風の旅団」炎のシュレンは「朱の軍団」山のフドウは「若草色の軍団」海のリハクは「海の兵団」 をそれぞれ率いているのですが、ジュウザについては手持ちの兵は無いようです「北斗の拳」完結後だいぶ経ってから実はジュウザに息子が居た事が描かれました名をショウザといいますこのエピソードではなぜ黒王号が片目になったのかという事も描かれましたので未回収だった伏線の一つがだいぶ年数が経ってから回収さ…

南斗五車星 山のフドウ 「若草色の軍団」を率いる大男 「動かざること山のごとし」の「不動」から「フドウ」とネーミングされたんだろうなあと想像できます 「北斗の拳」によく登場する大男の顔をしていますが これまで出てきた大男たちとはもちろん別人です かつては「鬼のフドウ」と呼ばれた外道でしたが 物語に登場した時は絵に描いたような「気は優しくて力持ち」の人物でした 最後の戦いでその迫力でラオウを圧倒しながらも ラオウの部下の放った巨大な矢を受け絶命します 力押しのキャラというのは 「聖闘士星矢」のアルデバラ

南斗五車星 山のフドウ 「若草色の軍団」を率いる大男「動かざること山のごとし」の「不動」から「フドウ」とネーミングされたんだろうなあと想像できます「北斗の拳」によく登場する大男の顔をしていますがこれまで出てきた大男たちとはもちろん別人ですかつては「鬼のフドウ」と呼ばれた外道でしたが物語に登場した時は絵に描いたような「気は優しくて力持ち」の人物でした 最後の戦いでその迫力でラオウを圧倒しながらもラオウの部下の放った巨大な矢を受け絶命します力押しのキャラというのは「聖闘士星矢」のアルデバランにしろ「ダイの大冒険」の獣王クロコダインにしろあまり強い存在としては描かれないのがジャンプ漫画です力以外あま…

南斗五車星 炎のシュレン シュレンの登場週 ラオウが 「五車星は、風・炎・雲・山・海」 と言っています 「そうか、五車星とはこの5種類なのか」 と読者に分かります 先週は風のヒューイ 今週は炎のシュレン登場回です 炎のシュレンは風のヒューイの兄です 実兄か義兄かは分かりません 「北斗の拳」には義理の関係がけっこう登場しますので 漫画では「弟星」に「ていせい」とルビがふってありました でも、「ていせい」とだけ耳で聞いたら何の事か分かりませんよね だからなのでしょう テレビアニメでは「おとうとぼし」とア

南斗五車星 炎のシュレン シュレンの登場週ラオウが「五車星は、風・炎・雲・山・海」と言っています「そうか、五車星とはこの5種類なのか」と読者に分かります先週は風のヒューイ今週は炎のシュレン登場回です 炎のシュレンは風のヒューイの兄です実兄か義兄かは分かりません「北斗の拳」には義理の関係がけっこう登場しますので 漫画では「弟星」に「ていせい」とルビがふってありましたでも、「ていせい」とだけ耳で聞いたら何の事か分かりませんよねだからなのでしょうテレビアニメでは「おとうとぼし」とアフレコされていました 「朱の軍団」を率い使う拳法は相手を切断しさらに発火させるというものです切断だけで充分敵を倒せるはず…

南斗五車星 風のヒューイ 1週限りの登場でした 「風の旅団」を率いる南斗五車星の拳士の1人 ケンシロウとラオウがなかなか対決しないんですよね その合間に五車星のエピソードがけっこう長く入ります 南斗最後の将がユリアだと明かされてからもなかなかケンシロウとラオウの戦いになりません そのあたり 読者としてはじらされて 毎週毎週次が気になっていたものでした ヒューイの拳法は南斗聖拳のように切断するものですが 疾風を友とするとされています カマイタチ現象で敵を倒すといった感じでしょうかね 南斗聖拳のようですが

南斗五車星 風のヒューイ 1週限りの登場でした「風の旅団」を率いる南斗五車星の拳士の1人ケンシロウとラオウがなかなか対決しないんですよねその合間に五車星のエピソードがけっこう長く入ります南斗最後の将がユリアだと明かされてからもなかなかケンシロウとラオウの戦いになりませんそのあたり読者としてはじらされて毎週毎週次が気になっていたものでした ヒューイの拳法は南斗聖拳のように切断するものですが疾風を友とするとされていますカマイタチ現象で敵を倒すといった感じでしょうかね南斗聖拳のようですが南斗聖拳ではないようですでも南斗聖拳風の拳法ですよね 1週限りでしたが後から回想シーンにちらっとだけ登場します身投…

南斗鳳凰拳のサウザー 最近の人は、サウザーと聞くと南斗鳳凰拳の使い手というよりは 「1000%」 の仮面ライダーサウザーの方を思い浮かべるかもしれません 私は逆に 「仮面ライダーサウザー」 と聞いて、南斗鳳凰拳伝承者の方を思い浮かべたクチですが 鳥の名前をもつ拳法「南斗聖拳」において 「鳳凰」 の名をもつのですから、名前だけでもう最強である事が分かります 鳳凰、すなわち不死鳥、フェニックスですから サウザーの身長はこれまた181cmとシュウとほぼ同じで、ケンシロウやレイ、シンと比べるとちょっと小柄な

南斗鳳凰拳のサウザー 最近の人は、サウザーと聞くと南斗鳳凰拳の使い手というよりは「1000%」の仮面ライダーサウザーの方を思い浮かべるかもしれません私は逆に「仮面ライダーサウザー」と聞いて、南斗鳳凰拳伝承者の方を思い浮かべたクチですが 鳥の名前をもつ拳法「南斗聖拳」において「鳳凰」の名をもつのですから、名前だけでもう最強である事が分かります鳳凰、すなわち不死鳥、フェニックスですから サウザーの身長はこれまた181cmとシュウとほぼ同じで、ケンシロウやレイ、シンと比べるとちょっと小柄なんですねサウザーの星は「将星」 南斗鳳凰拳伝承者のサウザーの名は南風を表す「サウザー」からきていると思われますだ…

北斗神拳のラオウ 物語中では拳王というとんでもないラスボスが居るらしいという事が語られてほぼ直ぐぐらいに 「拳王はラオウ」 とネタばらしがされていました でも、そんなのどうでもいいほど、ラオウというキャラは強力でインパクトがありました ジャンプ漫画史上でも最強の魅力ある強敵でしょう 「北斗の拳」という物語のラスボスのはずなのですが、「北斗の拳」の漫画の中盤で物語から退場となります ホントはラオウがケンシロウに敗れた時点で「北斗の拳」完結で良かったはずなのですが、大人気の「北斗の拳」を連載終了させる事など

北斗神拳のラオウ 物語中では拳王というとんでもないラスボスが居るらしいという事が語られてほぼ直ぐぐらいに「拳王はラオウ」とネタばらしがされていましたでも、そんなのどうでもいいほど、ラオウというキャラは強力でインパクトがありましたジャンプ漫画史上でも最強の魅力ある強敵でしょう「北斗の拳」という物語のラスボスのはずなのですが、「北斗の拳」の漫画の中盤で物語から退場となりますホントはラオウがケンシロウに敗れた時点で「北斗の拳」完結で良かったはずなのですが、大人気の「北斗の拳」を連載終了させる事など、当時のジャンプでは許されませんでした しかし、作者サイドも読者サイドも、かなりきつかったですね「鬼滅の…