国民銀行

(一般)
こくみんぎんこう

かつて存在した第二地銀。
元々は東急系列であったが、後に国際興業の傘下となる。東急沿線に支店が多かったのはそのため。甲府と鳩ヶ谷に支店があったのは国際興業の関係か?
 1999年4月11日に経営破綻し、2000年に八千代銀行に営業譲渡された。

国民銀行

(一般)
くんみんうねん

韓国三大金融グループの一つで、韓国最大の金融機関。総資産220兆ウォン(約22兆円)、顧客数2200万人と、韓国人口の半分と何らかの取引がある巨大金融グループ

1963年設立。破綻した大宇グループと緊密
証券業界出身の金正泰頭取の下、90年代後半から大胆な経営改革に乗り出す
1998年の韓国金融危機時には、大手行では唯一公的資金注入を免れ、ゴールドマン・サックスグループから資本注入を受ける
2001年、コメルツ銀行系で住宅金融シェアの高い韓国住宅銀行と合併。外人持株比率は70%でINGグループが3.78%、GSが1.14%保有

韓国国内では圧倒的シェアを誇るが、海外進出では他行より大幅に遅れている
また、傘下で消費者金融大手の国民カード向けの貸し出しが不良化し、経営を圧迫
さらに2004年に入って盧政権との政治的対立が顕著化し、金頭取が不正経理の汚名を着せられ強制的に退任させられるなど、混乱が続いている

英表記:kookmin bank
NYSE:KB

日本の金融庁の“免許・登録業者一覧 外国銀行”の項目では“國民銀行”として掲載されている。(平成21年7月1日 現在)
國民銀行

リスト::銀行

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ