堀田正俊

(社会)
ほったまさとし

日本の江戸時代の大名。江戸幕府の老中。大老。上野安中藩主。
貞享元年(1684年)8月28日に従叔父で若年寄の美濃青野藩主の稲葉正休に江戸城内で刺殺された。発狂のためとされているが、大坂の淀川の治水事業に関する意見対立による恨みの説や生類憐れみの令に反対したために殺されたとされる陰謀説もあった。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ