士族反乱

(社会)
しぞくはんらん

日本の明治初期に不平を持った一部の士族が明治政府に対して起こした一連の反乱のこと。神風連の乱西南戦争などが有名である。
西南戦争以後、不平士族の反対運動は国会開設や憲法制定を要求する自由民権運動に移行することとなった。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ