大阪文学学校

(一般)
おおさかぶんがくがっこう

 1954年に詩人の小野十三郎らによって大阪市に設立。詩や小説の創りかたを学ぶ場所。文校
 修了生に田辺聖子、玄月がいる。
 機関紙に「樹林」



小説の生まれる場所―大阪文学学校講演集
いま、文学の森へ―大阪文学学校の五〇年

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ