妖精たちの森

妖精たちの森

(映画)
ようせいたちのもり

The Nightcomers

  • 1971年|イギリス|カラー|95分|画面比:1.85:1|日本配給:ブエナ・ビスタ

概要

両親を亡くした幼い姉弟、フローラとマイルズが住む広大な敷地を持つブライ邸。そこに住み込みで働く下男のクィントは粗野で無知な男だったが、子供たちにとっては絶対的な存在であり、彼らはクィントによって遊びを教えられるのであった。クィントは家庭教師のジェスルを犯して肉体関係を結ぶようになり、一方のジェスルはクィントを嫌悪しながらも肉欲に溺れてしまう。ある晩、姉弟は2人のサドマゾ的な夜の営みをこっそり覗いてしまい、密かに真似をするようになるが。
ヘンリー・ジェイムズの古典『ねじの回転』の前日談として製作された意欲作。マーロン・ブランドの妖しい下男と、ステファニー・ビーチャムの自らの背徳に身悶えする演技も印象的だが、マイケル・ウィナーの冷え冷えとした冷徹なタッチが優れており、子供たちの行動が純粋さゆえに恐怖を醸し出す。特に終幕の展開は映像的にも強烈。


リスト::外国の映画::題名::や行