Hatena Blog Tags

実隆公記

(読書)
さねたかこうき

日本の室町時代後期に三条西実隆の記した日記。京都の朝廷、公家や戦国大名の動向、和歌、古典の書写など多岐に及ぶ記述があり、当時の公家文化や情勢を理解するのに有用な史料である。自筆本は重要文化財に指定されている。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ