Hatena Blog Tags

寄生地主制

(地理)
きせいじぬしせい

寄生地主小作人農地を貸し、その代わりに小作人が米などの収穫した農作物の一部を地代(小作料)として支払う制度のこと。日本では明治時代から第二次世界大戦後まで存在した。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ