尊王攘夷運動

尊王攘夷運動

(社会)
そんのうじょういうんどう

尊王攘夷運動(そんのうじょういうんどう)

幕末の反幕府運動。尊王論と攘夷論とは本来別の系譜に属する思想であったが,19世紀に入って幕藩体制の動揺と外圧の増大により両者は結合し,後期水戸学のように尊王攘夷を幕藩体制再強化の方法とする政治理論となって広く下級武士や豪農の間にまで浸透していった。

新着ブログ: 尊王攘夷運動