小新聞

(読書)
こしんぶん

読みは「こしんぶん」。大新聞(おおしんぶん)の対義語。いうなればタブロイド紙。

明治前期に存在した形態で、読売新聞(当時)・朝日新聞(当時)などがこれであった。
政論中心の漢文調で書かれた大新聞に対し、市井の事件報道を主体にし、文体は談話調でかつルビ付きと読みやすさを重視。
のち、さらに中新聞に発展し、日本における新聞の主流となった。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ