山県大弐

(社会)
やまがただいに

日本の江戸時代中期の儒学者。思想家。諱は昌貞。字は子恒。甲斐国出身。
甲斐武田氏の譜代家臣である山県昌景の子孫とされる人物。朱子学や兵学、医学などに詳しかった。また、尊王論者でもあった。明和4年(1767年) の明和事件に連座して藤井右門藤井直明)とともに死刑に処せられた。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ