岡本伊三美

岡本伊三美

(スポーツ)
おかもといさみ

プロ野球、南海ホークスの選手、近鉄バファローズの監督。
右投右打、ポジションは二塁手。背番号は44→24番。

1931年2月26日生まれ。京都府出身。
京都一工高でバスケットボールの選手から野球に転向。
1949年、南海ホークスに入団。

1952年、鶴岡一人監督の後釜として一軍に抜擢、二塁手の定位置を獲得。
1953年、打率.318で首位打者を獲得。パ・リーグ優勝に貢献しMVPを獲得した。

1960年代のホークス黄金時代を築いた。

1963年、現役引退。

1965年、サンケイスワローズのコーチに就任。

1968年、南海ホークスのコーチに就任し、古巣復帰。 1972年、退団。

1973年、阪神タイガースのコーチに就任。 1974年、退団。

1982年、近鉄バファローズのヘッドコーチに就任。


1984年、関口清治の後を受け、近鉄バファローズの監督に就任。

1987年、後任監督を仰木彬に譲り、フロントに入る。

球団常務取締役を経て、1997年、近鉄バファローズの球団代表に就任。

1998年、大阪近鉄バファローズのゼネラルマネージャーに就任した。

2002年、退団。

現在は日本プロ野球OBクラブの顧問を務める。

座右の銘は「全力」。

プロテニスプレイヤーの岡本久美子は次女。

新着ブログ: 岡本伊三美