岩田準一

(読書)
いわたじゅんいち

明治33年三重県鳥羽市生まれ。
日本の男色文献研究の先駆的存在。竹久夢二に師事し、代作も務める。
江戸川乱歩の小説『パノラマ島奇談』『鏡地獄』等の挿絵を担当。乱歩とは男色研究においても同好の友であり、ライバルでもあった。
主著に『本朝男色考 男色文献書志 合本』(原書房)など。『本朝男色考』は英語・仏語にも翻訳されている。
鳥羽市の生家は現在「鳥羽みなとまち文学館 岩田準一と乱歩・夢二館」として公開されている。
  

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ