師弟不二

(一般)
していふじ

聖教新聞(創価学会の機関紙)でよく使われる言葉だが、これは、師匠と弟子は一緒であることを意味する。
小説「人間革命」や「新・人間革命」でも出てくる言葉。創価学会の池田大作名誉会長が言う「師弟不二」とは戸田城聖と池田大作と池田大作とその後継の創価学会員のことを指す。
しかし、「師匠」と「弟子」の存在は池田大作のスピーチでもたびたび登場し、例として尾崎紅葉と泉鏡花、岡倉天心と横山大観である。
おそらく、政界で言えば、吉田茂と佐藤栄作、池田勇人といったところだろう。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ