平松政次

平松政次

(スポーツ)
ひらまつまさじ

プロ野球選手・解説者。通称「ガラスのエース」。
右投右打、ポジションは投手。背番号は3→27番。

1947年9月19日生まれ。岡山県出身。
岡山東商業高校では1965年センバツで39イニング連続無失点の大会新記録を樹立して優勝など大活躍を見せる。
卒業後、日本石油に入社、都市対抗野球で橋戸賞を受賞。

1967年、第2次ドラフト2位で大洋ホエールズに指名されたが一時は入団を拒否し、8月に入団。
1年目より一軍で活躍。

1969年、伝家の宝刀となるシュートを修得。背番号も27番に変更。

打者の元で曲がるシュートは「カミソリシュート」と呼ばれ、多くの打者を苦しめた。


以降、ホエールズのエースとして、1970年代を代表する投手として活躍。

また、巨人戦に強く、「巨人キラー*1」の異名を取った。


1983年、通算200勝を達成。


1984年、現役引退。


現在はフジテレビ・文化放送野球解説者を務める。

*1:巨人戦通算51勝は歴代2位。

新着ブログ: 平松政次