徳永進

(一般)
とくながすすむ

1948年、鳥取県に生まれる。京都大学医学部を卒業。
京都、大阪の病院勤務を経て、鳥取赤十字病院の内科医に。
2001年12月、鳥取市内にてホスピスケアのある19床の有床診療所「野の花診療所」を始める。


1982年、「死の中の笑み」(ゆみる出版)で、第4回講談社ノンフィクション賞を受賞。
1992年、第1回若月賞(独自の信念で地域医療をしている人に贈られる)を受賞。


著書には「死のリハーサル」(ゆみる出版)、「話し言葉の看護論」(看護の科学社)、
「隔離−故郷を追われたハンセン病者たち」(岩波現代文庫)など。


やさしさ病棟

やさしさ病棟

野の花診療所まえ

野の花診療所まえ

野の花診療所の一日

野の花診療所の一日

死ぬのは、こわい? (よりみちパン!セ)

死ぬのは、こわい? (よりみちパン!セ)

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ