怒れる若者たち

(読書)
いかれるわかものたり

Angry young men
ジョン・オズボーンの戯曲「怒りをこめて振り返れ」(LOOK BACK IN ANGER)というタイトルにちなんで、1950年代に登場したイギリスの若手作家たちのムーブメント。同時期のアメリカではビート・ゼネレーションの運動が起きていた。
コリン・ウィルソンの『アウトサイダー』出版と同時期にデビューした作家たちのことを、「タイムズ」紙が「怒れる若者たち」と呼ぶことで、一躍ブームを引き起こすことになった。ジョン・オズボーンの『怒りをこめてふりかえれ』、キングズリー・エイミスの『ラッキー・ジム』、ジョン・ウェインの『急いで下りろ』、アラン・シリトーの『土曜の夜と日曜の朝』などに代表される。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ