愛野町

(地理)
あいのまち

地名

長崎県雲仙市愛野町の一帯。
長崎県の島原半島北部にあり、半島内の周回ルートと半島外を結ぶ交通の要衝となっている。農業が盛んで、ジャガイモ栽培などで有名である。また、「あいのまち」の名称にちなみ、「ロマンチストの聖地」として日本ロマンチスト協会から認定され、名誉本部となっている。

旧町名

長崎県南高来郡に属していた町。
1889年4月1日に愛津村野井村が合併し、両方の地名の1文字ずつを合わせた愛野村が発足。
1949年8月1日に町制施行して愛野町となった。
2005年10月11日に周辺6町と合併して雲仙市となった。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ