斜め上を行く

(一般)
ななめうえをゆく

ある主体の行動が人々の予想を上回り、なおかつ捻りまで効いているさま。
出典は*1冨樫義博の『レベルE』(単行本では第1巻ISBN:4088720717)。
単に「斜め上」だけで表現されることもある。

*1:それより前にも使用例があったかもしれないが

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ