日比野武

日比野武

(スポーツ)
ひびのたけし

40〜50年代のプロ野球選手。
右投右打、ポジションは捕手。背番号は12→1→2→26→12番。

1920年4月22日生まれ。愛知県出身。
中京商業*1から東邦商業*2で活躍。

1939年、阪急軍に入団。正捕手として1940年代を支えた。


宇高勲の説得により、1950年、新設の西日本パイレーツに入団。

1951年に西鉄ライオンズと変わった後も正捕手として活躍。

ライオンズの黄金時代に大きく貢献した。

1957年以降、和田博実の台頭により、出場機会が減少。

1959年、現役引退。

1960年、西鉄ライオンズのコーチに就任。1961年、退団。



1975年、逝去。

*1:現在の中京大中京高校。

*2:現在の東邦高校。

新着ブログ: 日比野武