最長片道切符の旅

最長片道切符の旅

(一般)
さいちょうかたみちきっぷのたび

日本中やある国を最長片道切符を購入して旅を楽しむ方法がある。
一般的には、JR全線を最も長い距離で一筆書きにより辿る乗車券を購入し、旅に出ることを指す。
宮脇俊三の著作「最長片道切符の旅」(1979年刊行)や、関口知宏が旅したNHK「列島縦断 鉄道12000kmの旅」(2004年放映)が有名。

新着ブログ: 最長片道切符の旅