服部受弘

服部受弘

(スポーツ)
はっとりつぐひろ

プロ野球、名古屋軍、中日ドラゴンズの選手。
右投右打、ポジションは捕手→投手。背番号は10番。

1920年2月23日生まれ。愛知県出身。

日本大学から1939年、名古屋軍に捕手として入団。1941年には本塁打王に輝くなど強打の捕手として活躍。翌年応召。

1946年、中日ドラゴンズに復帰、投手に転向。選手不足のため登板しない日は捕手としても出場した。

この年から5年連続10勝以上。1949年は孤軍奮闘し24勝、1950年はエース杉下茂に次ぐ21勝の活躍を見せた。1951年以降は野手も務め、実働15年で遊撃手以外のポジションを全て守るという器用さだった。

永きに渡りドラゴンズの主将として、西沢道夫、杉下茂らと共に活躍。
1955年には球団史上初の100勝に輝く。

1958年、現役引退。コーチに転向。1960年3月20日、引退試合を行い、退団。

背番号10番は永久欠番。

1960年代は解説者としてプロ野球ニュースにも出演した。

1977年、二軍監督兼コーチとして、復帰。背番号10番を着用した。

1991年12月6日、逝去。

新着ブログ: 服部受弘