松井今朝子

松井今朝子

(読書)
まついけさこ

作家。1953年、京都に生まれる。
早稲田大学大学院文学研究科演劇学修士課程修了後、松竹株式会社に入社。歌舞伎の企画・制作に携わる。
松竹を退職後は、故・武智鉄二に師事し、フリーで歌舞伎の脚色・演出・評論などを手がける。
1997年、『東洲しゃらくさし』で小説家としてデビュー。同年『仲蔵狂乱』(講談社)で第八回時代小説大賞を受賞。その後『非道、行ずべからず』(集英社文庫)、『似せ者』(講談社)がそれぞれ直木賞候補となる
2007年、『吉原手引草』で第137回直木賞受賞。

新着ブログ: 松井今朝子