森永勝也

森永勝也

(スポーツ)
もりながかつや

プロ野球選手。広島東洋カープ監督。
左投左打、ポジションは外野手。背番号は9→19番。

1934年4月5日生まれ。山口県出身。
柳井商工高から専大を経て、熊谷組所属時代には全日本の4番を務めた。
1958年に広島カープに入団。

1962年には3割7厘という2リーグ分裂後の最低打率で球団史上初の首位打者に輝いた。

藤井弘大和田明古葉竹識興津立雄らと共に1960年代のカープ打撃陣を支えた。

1967年、読売ジャイアンツに移籍。代打として活躍。

1970年、現役引退。

1971年、コーチとして広島東洋カープに復帰。1972年シーズン途中に辞任した根本陸夫に代わって監督代行を務める。

1974年、広島東洋カープの監督に就任。最下位に終わり、同年辞任。

退団後はテレビ新広島の野球解説者を務める。プロ野球ニュースにも出演した。


1993年12月7日、肺がんのため逝去。