楫取美和子

(社会)
かとりみわこ

楫取美和子(1843年〜1921年9月7日)は、日本の江戸時代末期から大正時代の女性。杉百合之助杉常道)の四女。旧姓名は杉文
長州藩の思想家の吉田松陰の実妹で、長州藩における尊王攘夷派の中心人物の1人だった久坂玄瑞に嫁いだが、禁門の変で久坂が自害して未亡人となったのち、群馬県令や貴族院議員を歴任した楫取素彦と再婚して夫を支えた。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ