橘逸勢

(アート)
たちばなのはやなり

延暦元年(782年)?〜承和9年8月13日(842年9月24日)
平安時代の書家。官人。橘入居の末子。
官位は従五位下で但馬権守、贈従四位下。書に秀で空海や嵯峨天皇と共に三筆と称される能書家である。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ