氏長者

(一般)
うじのちょうじゃ

近代までの氏姓制度において、ある氏族の首長のこと。
藤氏長者(藤原氏)は摂政、関白を兼ねていた。
源氏長者は源氏二十一流すべての首長であったが、朝廷に根ざす制度であるため武家源氏(征夷大将軍)では、足利義満まで氏長者を務めたものはいなかった。
その後は、清和源氏足利家と村上源氏久我家が混合で務めていたが、徳川家康以降は、将軍宣下と源氏長者就任がセットになり、家康以降15代全て徳川家が独占した。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ