水沼貴史

(スポーツ)
みずぬまたかし

水沼貴史は日本の元サッカー選手、指導者、解説者。マネジメント会社はソル・スポーツマネージメント
現役時代のポジションはミッドフィルダー。
1960年5月28日生まれ。埼玉県出身。
長男の水沼宏太もプロサッカー選手である。
日本の技巧派MFのさきがけ的存在、Jリーグ開幕戦のヴェルディ川崎×横浜マリノスに先発出場した際には、都並敏史のJリーグイエローカード第一号のファウルにおいて削られた側の選手が、実は水沼というのはちょっとしたトリビアである。
引退後はTBSの専属解説者になって、薄い話、なにかに束縛されたコメントで知られるが、2002年のFIFAワールドカップKOREA・JAPANの際にスカパー!の番組に出演した際はTBSでは言えないことをぶっちゃけて、その男気あふれるコメントで大いに株を上げた。
2005年5月には、日本サッカー協会公認S級コーチに合格。
指導者としての活躍にも期待されていたが、2006年より横浜F・マリノスコーチ就任、同年8月24日に岡田武史監督の辞任に伴い、監督代行になる*1。27日の初采配となった対京都パープルサンガ戦を4-0と幸先の良い勝利で飾った*2。9月9日、正式に監督就任。
2007年、早野監督のもと、コーチとして活躍するが、シーズン終了とともに退任。
2008年より、コーチとして母校の法政大学体育会サッカー部の指導にあたった。

選手歴

1976-1978
浦和南高校
1979-1982
法政大学
1983-1992
日産自動車サッカー部(日産FC
1993-1995.7
横浜マリノス

日本代表

国際Aマッチ32試合、7得点。

1984
ロサンゼルスオリンピックアジア予選、ジャパンカップキリンワールドサッカー、

日韓定期戦

1985
メキシコオリンピックアジア予選、キリンカップ
1987
キリンカップ、ソウルオリンピックアジア予選
1988
キリンカップ、日韓定期戦
1989
イタリアワールドカップアジア予選

タイトル

個人

1986
アシスト王

チーム

1983
第63回天皇杯全日本サッカー選手権優勝
1985
第65回天皇杯全日本サッカー選手権優勝
1988
日本サッカーリーグ優勝、JSLカップ優勝、第68回天皇杯全日本サッカー選手権優勝
1989
日本サッカーリーグ優勝、JSLカップ優勝、第69回天皇杯全日本サッカー選手権優勝
1990
JSLカップ優勝
1991
第71回天皇杯全日本サッカー選手権優勝、アジアカップウィナーズカップ優勝

指導歴

2003-2005
法政大学サッカー部コーチ
2006-2006.8
横浜F・マリノスコーチ
2006.8-2006.12
横浜F・マリノス監督
2007
横浜F・マリノスコーチ

リスト::サッカー選手

*1:マリノスの元選手としては初の監督となる。

*2:ちなみに、京都を率いた柱谷幸一監督は日産FCの同期入社。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ