法定地上権

(社会)
ほうていちじょうけん

民法388条による定義

土地および、その上に存する建物が同一の所有者に属する場合において、
その土地または建物につき抵当権が設定され、その実行により所有者を異にする時は、
その建物について、地上権が設定されたものとみなす

                                                          • -


法定地上権の成立は、地価下落の要因となる。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ