渋谷金王丸

渋谷金王丸

(読書)
しぶやこんのうまる

『平治物語』において、源義朝に仕えたとされ、土佐坊昌俊のことであるとされる。源頼朝が、渋谷金王丸の忠節を偲び、金王丸の名を後世に残すべしと厳命し、鎌倉亀ヶ谷の館にあった憂忘桜をこの地に移植させ、金王桜と名付けたとされている。