減速材

(サイエンス)
げんそくざい

[英] moderator
減速材とは、原子炉において、核反応により放出される中性子の速度を落とし、燃料に吸収されやすくするために用いられるもの。
材料としては、軽水を用いるタイプが最も多く、このタイプを軽水炉といい、日本ではすべての原子炉が軽水炉である。
次いで多いのは重水を用いたタイプで、このタイプを重水炉といい、カナダやインドで主流となっている。
軽水炉、重水炉では、軽水、重水はそれぞれ減速材のほか冷却材としても用いる。
ほかにも黒鉛を用いるタイプもあり、これを黒鉛減速炉といって、旧ソ連の国々で使用されている。ナトリウムなど低融点金属を使用する場合もあり、このような炉を液体金属炉と呼ぶ。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ